テストを科学する

導入の流れと導入事例

導入事例インタビュー

“株式会社ReDucate様

累計190万ダウンロード数を誇る、話題の英語学習アプリ「えいぽんたん」をはじめ、さまざまな教育系アプリを次々と手がけるReDucate様。この度SHIFTは、「きこえ~ご」と「えいぽんたん」の2つの人気アプリに携わらせていただきました。

SHIFTさんは、弊社の開発スタイルに寄り添いながら品質を保証してくれる、信頼できるパートナーです。

SHIFTを選んだきっかけ

- SHIFTのサービスを導入した経緯および当時の課題を教えてください。

石井様: 新製品「きこえ~ご」のアプリ開発をするにあたり、当時は会社を立ち上げて日が浅く社内のリソースが足りていなかったことからも、ソフトウェアテストは第三者機関にお願いしようと最初から考えていました。私はこれまでもソフトウェアテスト専門会社さん数社と協業した経験がありますが、企画段階から入ってもらえるパートナーを考えたとき、「SHIFT」が浮かびました。SHIFTさんはユーザー視点が強い印象があったことと、独自開発したツール(CAT)を用いて、ソフトウェアテストを可視化しながら効率良く行っている点にも興味があったからです。

SHIFTの印象

- SHIFTのサービスを使った感想をお聞かせください。

石井様: SHIFTさんにはアプリの企画段階からお手伝いいただいたのですが、開発過程や背景などを知っているうえでのテストは、やっぱり良いなぁと思いました。リリース日の変更に伴いテストのプロセス変更やスケジュール遅延が発生しても、弊社の開発状況を受け止めてくれて、その状況で最適なものに何度も変更してくださいました。その結果、リリースの遅延を最小限に留めることができました。テストをする際にも、「ここは○○だから、バグが多く出るのは分かっています。後で調整しましょう。」など、弊社の開発スタイルに寄り添い、段取り良く柔軟に対応くださったことも心強く、コミュニケーションがし易かったです。

また、バグを発見してからデバッグが収束するスピード感は、抜群でした。テスト項目が非常に多かったにも関わらず、開発過程が共有できていたこともあり、わずか1-2週間という短期間で質の高いテストをしていただくことができました。

経営視点でSHIFTとの協働について語る石井様

第三者検証を導入する意義

- SHIFTと一緒にアプリ開発をするメリットがありましたら、お聞かせください。

石井様: ソフトウェアテストはソフトウェア開発において重要なプロセスですので、品質保証の専門会社に協力を仰ぎながらアプリ開発を進めるのは、品質の面でも効率の面でも、絶対に良いと思います。理由はシンプルで、限られたアセットで良いものを作ろうとする時は、その分野の知見を豊富に有する専門家にお願いした方が良いということです。ただ専門家に依頼をすると、時として「専門分野以外はできません」と、融通が利かない場合があるのがデメリットですが、SHIFTさんは、弊社の開発状況を理解しながら専門家としてのパフォーマンスを、最大限に発揮してくれました。

山田様: 現場としては、「最後はSHIFTさんに見てもらえるから大丈夫」という安心感があったので、開発に集中することが出来ました。また、限られた時間と予算の中で、テストをどこまでするか迷ったときも、「ここまでやれば安心です」とテスト範囲を的確に提案いただき、結果として大きなミスが無く、お客様からもクレームが無かったので見事だと思いました。

石井様: また、SHIFTさんはあらゆる端末を保有しているだけでなく、端末固有の不具合についての知見が豊富ですね。「○○という機種は××機能で不具合が出ることが多いので△△のテストはしておいた方が良い」などとアドバイスをくださるわけですが、このノウハウは、ソフトウェアテスト専門会社ならではの知見で、非常に頼りになりました。また今回は、200以上の端末を使ってテストをしていただいたのですが、自社で同様のテストをするとなると、テスト用の端末を用意するだけでも膨大なコストになりますから、やはり専門会社を頼るべきだと思いました。

テストを任せたことで開発に集中できたという山田様

SHIFTの評価と、これから

- 全体を通じてのSHIFTの評価と、今後期待することをお聞かせください。。

石井様: 正直、SHIFTさんは期待値以上でした。テストの質はもとより柔軟性が非常に高く、ありがたいと思った瞬間が何度もありました。今やSHIFTさんは、弊社にとって信頼できるパートナー。プロジェクトメンバーの大事な一員です。開発の背景を理解するソフトウェアテストのプロ集団として、今後もバリューを追い続けてほしいと期待しています。

(左から二人目から)山田様、石井様と、SHIFT担当・城田(左端)、SHIFT営業担当・桑野(右端)
“株式会社ReDucate"/
ソフトウェアテストに関するお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら 0120-141-117