テストを科学する

導入の流れと導入事例

導入事例インタビュー

ポーターズ株式会社様
【プロダクト&サービスDiv.ゼネラルマネジャー】川口 登 様

SHIFTとの出会い

SHIFTとの出会い

昨年4月に川口さんが入られてすぐにお声掛けてくださって、5月からお仕事いただいたんですよね。ポーターズさんとのお付き合い自体は2年くらい前ですが、なぜSHIFTを選ばれたんですか?

川口 様: テスト専門のプロの仕事とは実際にどういうものか、とても興味があったからです。うちの開発方法はアジャイルだったので、仕様が決まるのが開発の直前になることが多くて、テストケース作成に必要な情報が間際にならないと出てこない状況でした。 そのような進め方の中で、実際にどのようにテストケースを作るんだろうと思っていましたが、試行錯誤しながらいろいろ工夫してもらっていたと思います。

CATを使ったテスト設計・実行に関して

川口 様: 進行上、全くストレスはなかったですね。 SHIFTさんの実行リーダーの方にお願いすると、段取りから実行まで全てまわしていただけたので 、仕事を依頼する方としては全く負担にならない状態でした。

テストの方法や、品質にはご満足いただけていますか?

川口 様: 決められた期間でできるベストなテストケースを選んでやっていくパターンでお願いしていました。 時間的な制約が厳しい状況ではありましたが、テストをしていただいた部分についてはクオリティを担保できていたと思いますので、全体的には満足しています。

SHIFTのテスト設計のケースの作り方、設計の考え方はいかがでしょう?

川口 様: これにはこういう機能がある、といった情報だけ出しておくと、その内容を把握し、必要な情報を集めてテストケースを作ってくれる点はすばらしいと思います。テストの工程をこちらで考えなくても、丸ごとお願いできます。また、CATが使えるというのが大きいです。実績管理がしっかりできます。

貴社の社員もCATを使ってケース消化をされているのですか?

川口 様: 使っています。特に難しいことなく直感的にすぐ使えました。

CATは評価が高くて、案件終了しても、CATだけ別サービスで提供してほしいという声もありますよ。

川口 様: ほんとにそうですね。

CATは今後、バージョンアップ等考え切り出してサービス提供する予定です。またご紹介させてください。

川口 様: はい、ぜひご提案お待ちしています。

テスト自動化(CI)

現在進めさせていただいているCI(テスト自動化)ですが、以前から川口さんはテストの自動化の話はよくされていましたね。

川口 様: はい、以前からやろうとしていました。自動テストの環境構築をしたことのあるメンバーは社内にもいて、構築作業のアサインはしていましたが、通常業務を行いながらではなかなか時間が取れず、進んでいませんでした。 そんな状況が続いていたところに、SHIFTの丹下社長、小林事業部長(ソフトウェアテスト事業部)にご提案いただき、一気にやっちゃおうという話になりました。 前日に社内でCI関連のミーティングをしていたら、次の日に提案が来たみたいな(笑)タイミングがバッチリでしたね。

導入担当メンバーの仕事ぶりはどうですか?

川口 様: 素晴らしいです。段取りから進め方まで、こちらの希望をしっかりとヒアリングしていただいた上で、 難しい問題でもなんとかして実現しようと頑張っていただけているのを感じます。 結果として、希望に近い形で進めることができています。無理難題をお願いすることが多いのですが、短期間で結果を持ってきてくれますし、テストスクリプト作成に関しても、あまり細かくお願いしなくてもしっかりマネジメントしてくれているので 、安心してお任せしていられます。 ずっといてほしいと思っています。(笑)

スクリプト等はこれからSHIFT Indiaで開発を進めることになっていますが、何か不安ありますか。

川口 様: インドで開発となったときには、どういう体制・サービス形態になるのでしょうか。

基本的に今の体制の延長で、規模拡大するイメージです。海外ということも意識させないような形にしますので、指示系統などいまのままで良いですよ。

川口 様: それは助かりますね。

今後、SHIFTに期待するところ

全体を通してSHIFTの評価ポイントは、どのようなところでしょうか。

川口 様: CIにおいては担当の方がとても知識をもっていて、信頼感が高く、安心して任せられます。 テスト実行を変動費化することができるし、間際にテスト実行者の追加をお願いしても、なんとかしてもらえています。また、オンサイトで開発チームに直接参加しての作業にもよく適応していただけていると思います。 オンサイトでは、専任の方がプロダクトをよく理解して、知識を持ったうえでテストケースを作ってもらえていますので、テスト実行がすぐに必要な場合でも対応できるという点が良いですね。

ポーターズさんにはうちのサービスのいいところを、全部使っていただいているのでとてもありがたいです。今後、さらに期待することは、どんなところでしょうか?

川口 様: CIの部分では技術的な作業をしていただいていますが、テスト実行に関しては UIを通したマニュアルテストがメインです。もう少しホワイトボックステストのような技術的な要素が必要なエリアのテストを提供していただけるといいなと思います。今後の商品サービス拡大を期待しています。


ポーターズ株式会社

WEBサイトはコチラ

ソフトウェアテストに関するお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム【お問い合わせはコチラ】
  • 電話でのお問い合わせ【0120-142-117】