テストを科学する

導入の流れと導入事例

導入事例インタビュー

株式会社インテリジェンス様 BI本部  キャリアBITA部 DODAサイトプロジェクトグループ 小栗 由美子様、BI本部  キャリアBITA部 DODAサイトプロジェクトグループ  千葉 潤一様

SHIFTに依頼した経緯

弊社で仕事をやらせていただくようになった経緯を教えてください。

小栗 様: DODAサイトのリニューアルプロジェクトにあたり、当初はいつも通りサイトを制作された制作会社さんにUI周りのテストをお願いしようと思っていました。が、デザインだけでなく、データのマスタ変更、大きくシステムの仕組みを変えるという取り組みも同時並行で走っていましたので、もう一段深いシステム的なテストもしたいと思って、テスト専門会社でお願いできないかということで検討が始まりました。
我々の事業は求人広告を掲載頂く媒体事業、コンサルタントを介して求人を斡旋する紹介事業が1つのサイト内に併存しており、システムがかなり複雑なものになっています。これを不具合なく運用していくために、業務視点でテストをやっていきたいという前提があります。実際に使うときに、あれができないこれができないということが多々あり、そういうことはなるべくなくしていきたいと思っていました。
社内リソースも限られてしまっていることもありましたので、見た目のテストはしっかりと専門の会社さんにやっていただいて、弊社は業務に特化したテストをしたほうがいいのでは、という考えでお願いしようという経緯でした。

いままでは今回のような大きい変更はなかったということもあるのかもしれないですが、御社の中でも受入テストはされていたのでしょうか?

小栗 様: システムが複雑で、サイトと複数の基幹システムとを連携してやっているので、切り離しできず、テストのアウトソースが難しいこと、業務フローをご説明しないといけないことで工数がかかってしまうという点で、今まではシステム部署でテストシナリオを作って実行をしていくということしていました。

千葉 様: テストケースは都度都度、プロジェクトごとに変わっており、要件に応じてテストケースを考えていきます。今回のプロジェクトは多くの社内システムが関連していたためテストケースが膨大になっており、受入れのリソースが逼迫してしまう状況でした。そのため、SHIFTさんで確認いただける内容をケース分けし、消化していただいたという流れになりました。

プロジェクトの立ち上がりから終了まで

立ち上がりだいぶ苦労されたとうかがっていますが。

小栗 様: はじめての取引なので、双方やや準備不足で立ち上がれなかったのですが、途中精査していただき、早いレスポンスで確認いただけたかなと思っています。ただ、CATの操作性を、もう少し改善してほしいということはちょっとありました。笑
弊社でも別のプロジェクト管理ツールを導入していて、そのインターフェースに慣れている分、新しいものを使うということで不慣れな点があったことは仕方がないかなと思っています。

実行はスタートしてどんな感じだったのでしょうか。

小栗 様: きちっとしていただいているなと思いました。複数ブラウザでのシナリオテストも、再現した端末は何で、何回中何件というところまでやっていただき、エラーが発生したフローもキャプチャを撮っていただき、開発側がよく分かるような状態であげていただいたのがとても良かったと思います。

千葉 様: 今回SHIFTさんに依頼した前提には、我々がテストに慣れてしまっているので、第三者視点でのテスト観点が必要だという認識がありました。我々だと「仕様だ」と見逃してしまいがちなところに観点を入れていただいたことは良かったかなと思っています。
いくつか正常な動作が指摘事項として報告されることはありましたが、今後は然るべきコミュニケーションを取って進められれば、改善できていく内容だと思っていますので、特段問題なくテスト実行を進められたと思っています。

開発側とのやりとりはいかがでしたか。

小栗 様: 逆に言うとこちらの修正に時間がかかったというのがありますね。

千葉 様: そうですね。SHIFT様以外にも、開発ベンダーや制作会社とも別のプロジェクト管理ツールを使ってやりとしていたため、コントロールできなかった部分があり、私たちとしても迅速なレスポンスができなかったということは課題として認識しています。
今回はSHIFTさんと弊社のみの間でCATを利用し、コミュニケーションを取って進めていましたが、今後はCATやそれ以外の仕組みを使ってデザイン会社、開発会社とも共通のプラットフォームでコミュニケーションを取りながら進めていけるようになると、テスト行程のプロセス管理は楽になりますし、バグ対応速度の改善、ひいては品質の向上に繋がると思っています。

終了報告についてはいかがでしたか?

小栗 様: 既存の不具合で今回のPJの範囲外だが、見送りにするのか既存バグにするのか、というところで合うステータスがなかったりした場合、すべて見送りにカウントされるとか、障害になってしまったりとか、という分類方法などについて、もう少し事前に認識合わせしておけば、もっと充実した終了報告になり、振り返りもきちっとできるのではと思っています。
改善が見込めるところについては、提案もいただけたので、今後そのご提案をもとにテストをこなしていこう等、いい振り返りになりました。

今後に向けて

最後に総括していかがですか。

千葉 様: テストフェーズの外注について承認が下りた時は、ちょうどプロジェクトが佳境に差し掛かっていた時でもあったので、正直「やった…!」と安堵したことを覚えています。やはり自分たちがやるべきコアな業務に注力したいので、外部のリソース活用はとても意義があったと思っています。今回の取り組みで、弊社のテストフェーズの分担について前例を作れたことはとても喜ばしいです。
組織全体に広げていければと思っていますので、今後、プロジェクト単位でやっていくのではなく、もう一歩進んだ連携といいますか、テストのアウトソースについての勉強会などを開催することで、より強力なシナジーを生み出せたら、と思っています。

小栗 様: 私たちがシナリオ作ってしまうということではなく、WEBサイトとしてあるべき姿をきちっとした知見のもとでやっていきたいので、今後とも長いおつきあいができればいいなと思っています。

弊社の最終ゴールは、お客様がいいシステムを作っていただいて、さらにその向こうのお客様にご満足いただくことですので、ぜひ今後も密 なコミュニケーションをはかれるような関係性を築いていければと思っています。
本日はありがとうございました。


株式会社インテリジェンス

WEBサイトはコチラ

ソフトウェアテストに関するお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム【お問い合わせはコチラ】
  • 電話でのお問い合わせ【0120-142-117】