テストを科学する

導入の流れと導入事例

導入事例インタビュー

株式会社ヒューマンテクノロジーズ様
【システム運用部 部長】糸井 隆徳 様  【システム運用部 】高橋 陽太郎 様

SHIFTに依頼した経緯

御社からはホームページからサービスの問合せをいただき、お取引が始まったのですが、どんなきっかけで探されたのですか?

糸井 様: もともとマニュアルテストで課題を抱えていまして、専属テストチームがおらず、開発者がテストしている形になっていました。やはり人員の不足があったり、自分達でやるので、開発者がテストをこなすならではの問題、飛ばしてしまうという事も結構ありました。そこで外部に委託してはという話があり、何社か検討させていただいた中で、SHIFTさんが良さそうだと、お声掛けをさせていただきました。

第三者視点の重要性を再認識

実際に行ったマニュアルテストについてはいかがでしたか?

糸井 様: 普段は我々は経験に基づいて、横にいる開発者ともあまり相談せずにテストして、リリースまで持っていくんですが、そこをファジーにさせない形でいろいろ質問をいただいたので、答えるのが大変だったです(笑)ただそれで「ああ、そういう視点もあるな」と気づけました。我々はいつもいろんなところをすっ飛ばしてテストしているんだなあ、ということを再認識できて良かったです。実際、マニュアルテストの最中に、大きいバグを見つけてもらったりして、我々でない外の方に入っていただくのはメリット大きかったと思ってます。

今回、福岡のテストセンター(オフサイト)でしたが、問題なかったですか?

高橋 様: オンサイトの方がスムーズだとは思いますが、そのときは不自由な感じは、あまりなかったですね。レスポンスも速かったですし、満足しています。

自動テストのガイドライン作成も

マニュアルテスト以外に、自動テストのガイドライン作成も最終的にご依頼いただけたわけですが、問合せ時点では、CIのページ等はご覧になっていたんでしょうか?

糸井 様: 私は見てましたけど、当時は「こんなこともできるんだね・・・」というレベルでしたね。

CIは、普通のテストと違って成果が見えづらいものがありますが、導入を依頼頂くにあたって社内で問題はなかったですか?

高橋 様: 今年は「品質の年にしよう」というテーマがありまして、その中でCIをやろうというのが項目としてあがっていたので、特に問題なくお願いすることができました。

糸井 様: 社内でもやりたいとは思っていたのですが、多少二の足を踏むところがありました。ドキュメントの整備、レクチャーなどは社内のマンパワーでは大変だったところにSHIFTさんからお話があり、ちょうどいいということでお願いしました。

高橋 様: ドキュメント手間でしたからね。私1人でCIやっていてやはりドキュメントが大変でした。Jenkinsは回っていましたけど。(笑)

Jenkinsの導入から行わずに、ガイドラインのみで入ったのは初めてで、SHIFTとしても新鮮でした。実際、半月くらい入らせていただきましたが、率直なご感想はいかがでしたか?

高橋 様: 期待以上の働きをしてもらえたと思っています。手が回りにくいドキュメント部分を精査いただき、私としてはやりたかったけどできなかったことを全部やってもらったので、すごく満足度が高かったです。僕もテストには思うところがいろいろあって、時々意見がぶつかることもあったんですが、そのときに意見を曲げずに議論してくれたことで、自分の考えも整理されたし、迷ってる所もクリアになったし、とてもありがたかったですね。

糸井 様: テスト談義が出来て良かったですね。テスト詳しい人と話すと楽しいですよね。

高橋 様: テストの話だけとかしながら、お酒呑みたいですね。(笑)

また後日にぜひ(笑)

ガイドラインの導入後と今後

最初のコンサルが終了してしばらく経ちますが、その後、CI的な活動は進めていらっしゃいますか?

高橋 様: 大きかったクラスのリファクタを始めました。
いくつかサンプルを作って、これから機能を追加していくときはクラスごとに切りだしてつくりましょう、という運動が始まったところです。せっかくご提案をいただいたので、逆にチャンスかなと思って。進められるときに進めておこうということで、チームの意識合わせはできたような気がします。まだ、いただいた資料をもとに皆がテストを書けるところまではいっていないので、、、実際に書けるようになったタイミングで、もっとどうしたらいいのかという課題が出てくるような気がしてます。

いま、CIに関して今後のご要望は何かございますか?

高橋 様: 定期的にお声掛けいただけると嬉しいですね。CIは今後の運用の中で、継続してやっていかなければならなくて、新しいサービスとか、フェーズによって問題点が変わってきますよね。ですので、最初にやっていただいたことでフォローできる部分をどこかで飛び越えて問題が起きるはずで、そういう時にタイミング良くお声がけいただけると非常にありがたいです。そういった意味で継続的にお付き合いできるといいなと考えてます。

CI/マニュアルに限らず、これからのSHIFTに求めることがもしございましたら、お聞かせください。

高橋 様: 個人的にはテストのトレンド情報発信をしていただけるとうれしいです。日本に全然情報がないようなものや、これからどんどんバズっていったり伸びそうなテストサービスの情報提供があるといいなと思います。先日のJenkinsまつりみたいな感じで、テストまつりがあると良いかもしれないです。そしたら参加しますね。(笑)

糸井 様: 一度コンサルに入っていただくと、その時の情報で固まってしまって、どんどん陳腐化しそうなので、確かにそれをテコ入れしたいタイミングはあるかもしれませんね。

これからもテストのトレンドを追いかけ続けていきたいと思います。今日はありがとうございました。


株式会社ヒューマンテクノロジーズ

WEBサイトはコチラ

ソフトウェアテストに関するお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム【お問い合わせはコチラ】
  • 電話でのお問い合わせ【0120-142-117】