テストを科学する

導入の流れと導入事例

導入事例インタビュー

株式会社コマース21
【ソリューション部 製品保守チームシニアマネージャー】村松 史朗 様【ソリューション部 部長】宋 美沙 様

SHIFTとの出会い

村松さんとは、現在弊社でもテストをさせていただいているECパッケージのベータ版テストからのお付き合いですね。

村松 様: はい。当時ECサイト構築プロジェクトは、テストの体系ができておらず、十分な品質に到達するためにはプロジェクト個々で努力するしかないという認識がありました。
テストをアウトソーシングできる会社がある、ということでSHIFTの紹介を受けたときには、スケジュールや要員計画の都合上進行中のプロジェクトに導入することはできませんでしたが、テスト設計の方法論や体系化されたテスト工程にはたいへん興味を持っていましたので、ひとまず当時開発中であった新製品のベータ版テストをお手伝いいただくことにしました。 その成果物が期待を満たすものだったので、引き続き製品版の品質向上に特化してテスト周りをお願いし続けている状況です。

それがPRAZIEN(プラジエン)ですね。

宋 様: はい。「PRAZIEN」の基盤、本体、モジュール群のテスト、また「PRAZIEN」としてのユーザーマニュアルの作成といったあたりを進めていただいています。

我々にお仕事をいただく前も、テスト人員として派遣の受け入れをされていたという話を聞いています。

宋 様: 「PRAZIEN」は新サービスのため社外のメンバーは入れていませんが、メイン事業であるECサイト構築プロジェクトでは、テスト専用の人員ではなくPG・SEとしてパートナー社員に常駐で開発に参加していただき、試験フェーズが来ればテストもお願いしています。
そこへSHIFTさんとの出会いがあったのですが、開発フェーズから参加していないテスト専業のパートナーさんというのは初めてだったので、機能自体を理解していただく際に時間がかかり過ぎるのでは、と当初懸念しました。しかし実際のところSHIFTさんは見積はじめすべての工程で応対が早く、期待以上のスピード感でした。

仕様書がなくてもテストを任せられる

実際にやらせてみるまでは、若干でもご懸念があったのでは?

村松 様: 「PRAZIEN」は社内に閉じて一から作り上げた新製品だったので、第三者的な品質評価が欲しかったこともあり、不安より期待の方が上回りました。また顧客へ納めるプロジェクトと異なり自社製品だったことでスケジュールに影響するリスクも少なかったので、お願いできました。

ひとつの製品を軸として長い期間アウトプットを見ていたただいていると思いますが、どんな評価ですか?

村松 様: とにかく、キャッチアップが早いですね。

宋 様: 大規模なモジュールが追加されたり、既存モジュールの仕様変更がかかったり、終盤は特にテストシナリオ・項目書に影響が出ることが多く、またこちらのスケジュールも詰まっており、十分に詳細仕様をお伝えする時間を取れないこともあったのですが、「ハイお願いします!」と無茶ぶりのようにお渡ししたものでも細かい点までみてくださって、バグをしっかりとあげていただき、とてもありがたかったです。
当社のこれまでのプロジェクト進行からすると、経験のあるエンジニアが設計や開発に集中投入され、それほど経験のないものがテスターとして入りながら製品やプロジェクトの経験を積み始めることが多くあります。プロジェクト個別で品質をあげる努力をしてきたことと同様、これも体系立ったテストのノウハウ蓄積を妨げるものになっており、新製品では別の方法を採りたいと思っていました。
テストのプロフェッショナルに全てお任せでき、テスト方針についてもご提案いただけたという点で「ありがとうございます」の一言です。

SHIFTのフレームワーク、ノウハウで、多少なりともお役に立っているという点、面白い点は?

宋 様: 試験項目、シナリオの作り方は、うなずかされることが多くありました。ただ、今はまだテストをしていただいた製品の残作業に追われていて、社内プロセスに取り込むまでの再評価までは至ってないのですが(笑)
できれば、品質向上のノウハウなど、別途セミナーなどの形式で教えていただけるようなチャンスがあるといいなと思っています。

ヒンシツ大学の受講が始まっていますので、ぜひご案内させてください。 私どものノウハウを共有いただきつつ、お客様と一緒に品質保証を盛り上げていく取り組みも始めています。

テストの自動化は必須

貴社は自動化について先進的な取り組みを積極的にしていただいているなあという印象がありますが、それについてSHIFTに期待することは?

宋 様: 既存製品については、導入件数も多く運用環境も複数種類が存在するため、自動化しなければ保守コストがかかりすぎてしまいます。 新製品はSaaSということもあり、製品やミドルウェアのバージョンアップ時には既に稼働しているすべてのサイトに影響が出るため、お客様にご迷惑をおかけすることのないよう検証しなければなりませんが、こちらも人力でやるのは限界があります。
リソースやコスト面だけでなく、お客様に安心していただくための根拠としても有益だと思っています。例えば機能テストの場合、特定のボタンを押下したり特定のフィールドに文字列を入力したり、特定の画面遷移を行いました、というだけでは納得していただけないお客様も多くいらっしゃいます。
そういった場合は自動化の各段階についての定性的な説明に加えて、網羅率などの定量的な情報もお出ししなければなりません。そういった観点で自社内での自動化テストを進めています。

テスト工程の自動化も支援させていただいてます。まず弊社コンサルタントが自動化環境構築を行います。その後膨大な作業となるテストスクリプト作成をコストの安い人材を活用し拡充いたします。

月何本かお願いする規模に

村松 様: 以前、弊社小林が登壇させていただいた、貴社主催のソフトウェアセミナー(2011年12月開催)の際に提示した、今後の品質保証の取り組みスケジュールの中に、SHIFTさんに協力いただきたい構想が描かれていますが、スローペースではありますが進んでいます。
今後、網羅率を引き上げるという点でもお声掛けさせてください。

宋 様: テストを回していただくだけでなく、総合的なテストのプロフェッショナルとしてお付き合いさせていただきたいと思っています。プロの指標というものを、各案件を進める中で都度ご提言いただくなど期待しています。

村松 様: 月何本かSHIFTさんにお願いする規模になる可能性があります。ショッピングサイトに特化したテストの仕方、ノウハウを共有し、うちがやるテストは全部SHIFTがつくってくれたもの、というくらいに深くかかわる将来にしていきたいな、と思っています。

宋 様: あと、また展示会で、面白いブース(注:2012年5月のスマートフォン&モバイルEXPO)を出してください。楽しかったです(笑)


株式会社コマース21

WEBサイトはコチラ

ソフトウェアテストに関するお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム【お問い合わせはコチラ】
  • 電話でのお問い合わせ【0120-142-117】