テストを科学する

SHIFTのテストの特長

仕組みで動く(仕組化)

CAT(Computer Aided Test)製造業出身のSHIFTが独自開発した基幹インフラシステム

CAT(Computer Aided Test)

CAT(Computer Aided Test)とは、人が実施するソフトウェアテスト活動をコンピューターによって支援することを目的として、SHIFTが研究・開発したSHIFTのテスト活動における独自の基幹インフラシステムです。

CATの6大特長

1. バージョン毎にテストケースの管理ができる
2. ケースに紐づいた前回不具合の情報と連携、充填すべきテストパターンが抽出できる
3. テストケースを自動で作成できる
4. テスト実行の進捗・障害をリアルタイムに把握し、多拠点の品質を一元管理できる
5. テスターのスキルを可視化する事で、公平な評価ができる
6. システムをKPIで管理し、システムの成長が見える
  • TD(Test Design)
  • TCM(Test Cycle Management)

CATが生まれた背景

開発現場・テスト現場の状態
開発現場では人に頼るところが多く、人依存が多く整流化されていない。 ツールがバラバラで統一されていない。 テストに特化したツールが少ない。
CATによりテストに関わる全ての業務をシステム化、一元管理し、データの蓄積・ナレッジ化・可視化・ツール化する事で、「高品質・低コストの両立」を実現!!

ソフトウェアテストに関するお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム【お問い合わせはコチラ】
  • 電話でのお問い合わせ【0120-142-117】