テストを科学する

SHIFTのテストの特長

属人化を排除(標準化)

SHIFTはテストの属人化を排除(標準化)テスト品質の向上・均質化、工数削減を実現!!

標準テスト項目準備でテスト設計工数削減

想定課題とその対策

課題 対策(案)
独自のテスト設計
設計基準、手順、期待値の粒度がバラバラでテスト。
実行の際、テスターは熟練を要する。
テスト手法の標準化
貴社の過去の実績・不具合のノウハウとSHIFTの豊富な実績を融合し、貴社に最適なテスト手法を確立。
ケースの流用
流用できる形にまとめることができないので、毎回同じ。
テスト設計を一から行っている。
テスト手法の標準化
貴社の過去の実績・不具合のノウハウとSHIFTの豊富な実績を融合し、貴社に最適なテスト手法を確立。
開発、テスト実行工数
工数見積があまく、リリース直前は徹夜作業の連続になってしまう。
システム化された管理手法
テストに特化したツールで管理レス化を実現。
リアルタイム集計・進捗可視化で未然に修正。
再発不具合
開発へのフィードバックルートが確立されておらず、不具合を放置、結果再発させてしまう。
システム化された不具合管理手法
不具合の管理はもちろん、標準テスト項目へF/Bする。
仕組みによりGoodCycleを生み出す。
リリース基準
品質よりも納期が優先されてしまい、リリース後不具合が流出してしまう 。
品質基準の数値化
経験や勘に頼らない、品質基準の指標となる指数を数値化。
品質を可視化する仕組みを構築。
SHIFTは徹底したテストの標準化でテスト品質の向上・均等化・設計工数削減します!

ソフトウェアテストに関するお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム【お問い合わせはコチラ】
  • 電話でのお問い合わせ【0120-142-117】